SHARE
Networking / January 2, 2019

ネットワークパフォーマンスとは何でしょうか? ネットワークパフォーマンスを検討する新たな方法

ネットワークパフォーマンスは、企業経営の成功に必要不可欠な検討事項です。ネットワーク構造は、複雑化が進んでいることから、その課題、危険、潜在的な要因も同様に増大しています。したがって、過去に使用された標準的なネットワークパフォーマンスの測定基準は、現在の複雑な高速ネットワークを的確に測定するには不適格です。また、ネットワークパフォーマンスが最適でなければ、ビジネスにおけるデジタル基盤が、不安定になりかねないです。

ネットワークパフォーマンスとは何でしょうか?

ネットワークパフォーマンスはしばしば、ネットワークのサービス品質により定義されます。企業ネットワークまたはEコマースサイトがダウンするか、許容されない遅延が発生した場合、組織やブランドが被るコストを想像してみてください。

ネットワークパフォーマンスを最適化するには、ITおよびネットワーク管理者は一日の大半をネットワーク統計解析に費やし、改善領域の特定、および潜在的な問題の排除を、発生前に行わなければなりません。

実際、ネットワークを調整するプロセスは複雑です。これは、個々のネットワークがそれを使用するビジネスと同程度の固有の構造を持っているからです。また、ネットワークパフォーマンスを測定、監視するツールと手法は、必ずしもネットワーク全体の真の状況を把握しているとは限りません。 

ネットワークパフォーマンスの改善を、速度と入力の最大化の同義として考えないことにしましょう。これはまた、関連するネットワークおよびセキュリティツールが個々の職務を効率的に果たしており(例:ネットワークを保護している)、サービス品質に影響を及ぼさないことの確認を目的としています。 

何が最適なネットワークパフォーマンスを妨げるのでしょうか?

効果的な情報管理は容易なことではないように、ネットワークパフォーマンスの改善は少しも簡単なことではありません。ネットワークは複雑であり、多くの場合、変化を進んで受け入れません。これは、ほとんどのネットワークはさまざまなツールや共有リソースがすべて連携して機能しているパンドラの箱であるからです。また、完全な搾取者を解明する可能性のある単一の脅威とほぼ同じように、ネットワークの単一の部分を「引っ張ること」は全体に悪影響を与える可能性があります。

いくつかの共通の課題には以下のようなものが含まれます。

  • ハードウェアと機器のアップデートにはコストも時間もかかる。ネットワークは、次のバージョンのリリース時点で単純に置き換え可能な単一システムのデバイスではない。ネットワークをアップグレードしようとすると、度々、結果的にネットワークに問題が発生します。このリスクを相殺するため、企業はコストと時間がかかるITリソースに投資しています。
  • 新しい機器は既存のインフラストラクチャでは機能しない可能性があります:私たちはより高速かつ効率的なオプションを必要としており、ベンダーは喜んでそれらを提供します。しかしながら、最新かつ最良のものに下位互換があるとは限りません。また、下位互換がない場合、インフラストラクチャ上で実行されるツールのエコシステムは簡単に破綻します。

そのため、私たちは2つの矛盾する問題を中心に押し出しています。一点において、企業はネットワークパフォーマンスを改善するため、最新の標準に対応する必要があります。もう一点では、不適切に対応するとネットワークのアップデート、またはアップグレードにより、悲惨な(コストのかかる)結末に至る可能性があります。

ネットワークパフォーマンスおよびツールのスプロール(乱立)化を引き起こしかねないのは、トラフィックを確認する必要のないネットワークとセキュリティツールに配信されているトラフィックです。高価な処理リソースが、関連のないトラフィック解析に無駄に費やされている可能性があります。

これらの課題に対するソリューションはどのようなものでしょうか? システム全体を崩さない方法でネットワークをアップグレードするために。追加費用をかけることなく、メリットが得られるよう、ツールが効果的に活用されていることを確認するために。

ここで、Gigamonの出番です。

次世代ネットワーク・パケット・ブローカー(NGNPB)として、Gigamonはツールレイヤとインフラストラクチャレイヤの間に存在します。個々のインフラストラクチャコンポーネントおよびツールは、Gigamon可視化基盤にいったんプラグインされています。すべてのツールを個々のITデバイスにプラグインさせるのではなく管理する方が極めて簡単です。中央に配置するGigamonを用い、機器およびツールに対する変更とアップグレードはもはやネットワークのパフォーマンスや可用性に影響を与えません。

Gigamonはまた、トラフィックがツールに転送される前にトラフィックに対する重複排除とインテリジェントなフィルタリングを適用することによってツールのパフォーマンスを改善させます。例えば、メール通信向けセキュリティ・ツールはメール関連のトラフィックのみを受信します。重要なネットワークトラフィックのみを適切なツールへ配信することにより、組織は、脅威検出の高速化、インシデント対応の迅速化、ツールの投資におけるROIの向上による恩恵を受けます。

ネットワークパフォーマンスを完全に監視する

最後に、見えないものは調整できません。ネットワークパフォーマンスを調整する前に、ネットワーク上で何が起きているのかについて全体論的な見解を得る必要があります。標準的なネットワークパフォーマンスの測定基準(レイテンシー、帯域幅、反応性など)には多数の特殊なツールが要求されます。

不幸なことに、多くの場合、これらのツールは包括的なネットワークパフォーマンスの全体像を把握することはできません。なぜなら、盲点、つまり、遠隔位置にあるためにアクセス不可能なネットワークトラフィックのストリームは暗号化されているか、クラウドプラットフォーム上にあるからです。

そのため、ネットワーク可視化の改善はネットワークの監視および最適化にとって極めて重要です。Gigamon可視化プラットフォームによって、すべての関連ネットワーク測定基準を簡単に追跡するための能力を得ることができます。ネットワーク全体、つまり、物理、仮想、クラウドネットワークがどのように機能しており、その改善が可能な場所について全体像を理解できます。

ツールの効率性の向上に関するこのビジネス概要をお読みいただき、Gigamonがどのような方法でネットワークパフォーマンスの課題を解決できるのかについて詳細をご覧ください。

RELATED CONTENT

CALCULATOR
Customers have saved millions in IT costs. How much can you save?
REPORT
Learn how 1,200 of your IT security peers plan to fight cyberattacks
WEBINAR
Improving Management and Protection of Cloud and Virtual Deployments
DEMO
See how to finally achieve visibility to reduce costs and remove complexity

Back to top